我社が長期に研究機関と技術の交流と工作し、例えば、北京理工大学、中国光電子大学、中国科学技術大学、中国フッ素化研究所などです。同時に業界で最も有名な大企業も我が社に来て指導します。我々が2010年まで、お互いに協力します。


お客様の需要で、単一の功能の機器は観客を満足させることはできません。それで機器を改善し、多功能を一体化に集中します。

内部の構造と整体のフレーム構造を改善します。最も良い材料とアクセサリを選択し、多功能の強大の機器を満足します。シェルの設計にも変更され、画面とハンドルフレームのにも改善されます。機器を使用するときに、ハンドルとマシンに対応する不同の功能から、操作がより便利です。シェルの高さ、画面のスイング角度、ハンドルフレームのポジショニングと差別化で専用のハンドルがあります。使用者の操作の便利程度によると、機器を調整します。

不断に自分の進化をとうして、設備機器だきではなく、芸術品です。機器の重要な功能によって、何度も表面を改善し、シェルにも換気メッシュにも作ります。機器のの操作を容易にするために、スクリーンの傾斜角が選定できます。ハンドルフレームを設計する時に繰り返し起こり、ハンドルフレームの位置とシェイプを選択し、操作者が作業するときに快適のために、機器ハンドルの重量を減少し、材質を改変し、ハンド溝を設計します。

ハンドルの設計理念:ハンドルのシェイプの設計、内部の構造

より良く、より合理的な内部が最良の結果を達成するために外観は内部構造によると設計します.ハンドルの使用と設計に、我々が不断に他のアドライズを吸収し、個人のアイデアと組み合わせ、設計を調整します。不同の功能を結び、ハンドルの形は効能によると改善し、効果が最も良くて、使用が最も便利です。形状と美観の色の方面に大きく昇級します。